中国の資金流出に歯止め 1~3月

2017/4/20 21:12
保存
共有
印刷
その他

【北京=原田逸策】中国国家外貨管理局は20日、銀行を介した海外との資金のやり取りで1~3月は差し引き252億ドル(約2兆7千億円)が流出したと発表した。流出超過が続いているものの、流出規模は前年同期の4分の1以下に減った。海外への送金制限や企業買収の審査制導入など一連の資本規制強化が効果を上げたとみられる。

中国の企業や個人が銀行口座を介して海外とやり取りした資金の動きを集計した。現金での持ち出し、地下銀行での送金などは含まない。

1~3月は前年同期比2%増の6775億ドルが流入した一方、同9%減の7027億ドルが流出した。流出が流入を上回るのは2015年7~9月から7四半期連続だが、流出額は最少だった。

ただ、3月単月の流出額は差し引き174億ドルとなり、1、2月より大幅に拡大した。米利上げ観測による資金流出圧力も高まりそうで、4月以降も流出額が縮小していくかはまだ不透明だ。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]