/

この記事は会員限定です

欧米製薬、後発薬対策に本腰 ファイザーは巨額買収

[有料会員限定]

【フランクフルト=加藤貴行、ニューヨーク=西邨紘子】欧米製薬大手が割安な後発医薬品対策を進めている。米ファイザーは大型買収で出遅れていた後発薬事業に本腰を入れ、ノバルティス(スイス)は自社で創薬した新製品も伸ばしつつ、後発薬子会社でも対抗する。背景には、大手各社の間で主力品の特許切れで収益の勢いに差が出ていることがある。戦略の巧拙が試される局面だ。

「我々の新たな事業構造とぴったり沿うものだ」。フ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1139文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン