/

インドの急行列車脱線、死者115人に

【プネ(インド西部)=共同】インド北部ウッタルプラデシュ州カンプール近郊で20日未明、急行列車が脱線し、PTI通信などによると、少なくとも115人が死亡、200人以上が負傷した。

鉄道当局は共同通信の取材に対し、脱線したのは中部マディヤプラデシュ州インドールから東部ビハール州パトナに向かう23両編成の列車で、うち14車両が脱線したと明らかにした。寝台車の2両が特に激しい被害を受けた。列車には500人以上の乗客がおり、犠牲者には寝台車で眠っていた乗客が多く含まれているという。

在インド日本大使館によると、これまでに邦人が犠牲になったとの情報は入っていない。

鉄道や救急、軍当局者らが現場に駆け付け、大きくひしゃげた列車から乗客らの救出に当たった。線路が損壊していたとの情報もあるが、詳しい原因は不明。

モディ首相は多くの犠牲者が出たことを「苦痛だ」とする声明を出した。インドではインフラの不備や老朽化などから鉄道事故が頻繁に発生している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン