難民、EUの域内総生産0.25%押し上げ IMF試算

2016/1/20 22:12
保存
共有
印刷
その他

【ワシントン=長沼亜紀】国際通貨基金(IMF)は20日、中東から欧州に流入する難民の経済効果に関する試算を公表した。

難民支援の追加的な財政支出により生産活動が増すほか、労働供給が増えることで、EU全体では2020年の域内総生産を0.25%押し上げると指摘。特に難民の目的地となっているオーストリア、スウェーデン、ドイツでは0.5~1.1%程度、同年の国内総生産(GDP)が伸びる可能性があるとした。

一方、労働市場への難民の取り込みが遅れた場合、政府債務は増え、失業率が一層悪化するとのシナリオも提示。各種政策を通じて迅速に難民を融合させる重要性を強調した。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]