空母「朝鮮半島に向かっている」 米報道官、虚偽説明批判に

2017/4/20 13:41
保存
共有
印刷
その他

スパイサー米大統領報道官は19日の記者会見で、米空母カール・ビンソンについて「空母は現在朝鮮半島に向かっている。それは事実だ」と説明した。米メディアによると、カール・ビンソンは来週中に朝鮮半島近海に到着する見通しだ。

1月、太平洋を航行する米海軍の原子力空母カール・ビンソン=米海軍提供・ロイター

1月、太平洋を航行する米海軍の原子力空母カール・ビンソン=米海軍提供・ロイター

同空母を巡っては、米海軍が8日、シンガポールから朝鮮半島近海に向かうよう指示したと発表したが、その後もインドネシア周辺で活動していたことが判明。トランプ政権の説明が虚偽だったのではないかと、米メディアや専門家などから批判する声があがっていた。

トランプ政権は米国と北朝鮮の情勢が緊迫するなか、軍事力を誇示するため、当初オーストラリアに向かう予定だった船隊の航路を変更し、朝鮮半島へ派遣したとしている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]