2019年6月25日(火)

「トランプ阻止」へ運動開始 クリントン氏支持団体など

2016/11/20 21:38
保存
共有
印刷
その他

【ワシントン=共同】米大統領選で敗れたクリントン氏を支持する団体などが、12月19日にある大統領選挙人による投票でトランプ氏を支持しないよう求める運動を始めた。電話や電子メールを駆使、トランプ氏への支持を、当選に必要な選挙人の過半数270人未満に抑え込むのが目標。揺れ動く選挙人もいる。

呼び掛け人はAP通信に「成功の見込みは薄いが、今は非常時だ」と語った。ただ、支持が270人に達しない場合でも、大統領は共和党が多数を占める次期下院の投票で決まるため、トランプ氏の勝利が動くことはないとみられる。

11月8日の本選の結果、これまでの集計では未確定の中西部ミシガン州を除き、トランプ氏が290人、クリントン氏が232人の選挙人をそれぞれ獲得。各選挙人は通常、本選の結果通りに投票するが、結果に反する投票をしても憲法違反にはならない。

APによれば、トランプ氏への投票が求められている南部テキサス州のある共和党選挙人は、キリスト教徒として「トランプ氏に大統領の資格がない」との考えに至ったとし、投票を迷っている。ミシガン州の共和党選挙人の一人はトランプ氏に投票するなと殺害の脅迫を受けたという。

選挙人は共和、民主両党がそれぞれ固い支持者から選ぶ。本選の結果に背いたのは過去157人だけで、全体の1%にも満たない。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報