/

紛争下の性暴力撲滅を 国連総会、6月19日を国際デーに制定

【ニューヨーク=共同】国連総会(193カ国)は19日、毎年6月19日を「紛争下の性暴力撲滅国際デー」に制定する決議を採択した。イラクやシリアで過激派組織「イスラム国」(IS)などによる性暴力が深刻化していることを受け、撲滅への国際世論を高める狙いがある。

日本や米国など100カ国以上が共同提案した。決議は、紛争地の女性らがテロリストや過激派組織の性暴力にさらされていると指摘。レイプや売春強要を「最も強い言葉で非難する」とした。

また、コンゴ(旧ザイール)などで国連平和維持活動(PKO)要員による現地女性らへの性的搾取や虐待が多発していることを受け、根絶の必要性を再確認している。

クテサ国連総会議長は、決議が性暴力撲滅への「各加盟国の献身と決意」を示したと歓迎した。

国連総会は1999年、毎年11月25日を「女性に対する暴力撤廃国際デー」に制定した。その後紛争下での性暴力への懸念が高まり、新たな国際デー制定につながった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン