/

プーチン大統領、安倍首相との会談に意欲

【サンクトペテルブルク=田中孝幸】ロシアのプーチン大統領は20日、サンクトペテルブルクで主要国の通信社代表との恒例の年1回の会見を開いた。北方領土問題について「すべての問題は解決可能だ。そのためにも会談することが必要だ」と述べ、安倍晋三首相との首脳会談に意欲を示した。

「ロシアだけでは何もできない。日本からの動きを待っている」とも言明。「我々の関係が冷え込んだのは日本側の責任だ」と述べ、領土交渉の進展にはウクライナ問題を巡って日本が科した対ロ制裁の解除が必要との認識を重ねて示した。日本側と合意している自身の年内の訪日の可否や時期については言及しなかった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン