2019年3月21日(木)

トランプ氏の国連演説の要旨

2017/9/20 12:38
保存
共有
印刷
その他

【ニューヨーク=共同】トランプ米大統領による19日の国連総会一般討論演説の要旨は次の通り。

【北朝鮮】

一、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)体制は向こう見ずで下劣だ。核・ミサイル開発を無謀に追求し、全世界に脅威を与えている。

一、北朝鮮は自国民を飢えさせ、弾圧している。罪のない米国民を拘束、スパイ教育のために海岸から13歳の日本人の少女(横田めぐみさん)を拉致した。

一、北朝鮮が敵対的な姿勢をやめるまで、孤立させるために全ての国が連携する時だ。

一、北朝鮮の脅威により米国が自国や同盟国の防衛を迫られれば、北朝鮮を完全に破壊するしか選択肢がなくなる。

一、ロケットマンの金正恩氏は自殺行為を行っている。

一、北朝鮮は核放棄以外に未来がないと理解する時だ。

【テロ】

一、テロが世界にはびこっており、テロ対策は重要だ。

一、(北朝鮮やイランを念頭に)いくつかの「ならず者国家」はテロリストを支援し、最も破壊力のある兵器で他国を脅している。

一、国際社会は平和のために協調すべきだ。

【米国】

一、米大統領として常に米国を第一に考える。

一、全ての国は自国民の利害と、他の主権国家の権利を尊重すべきだ。

一、米国は一方的な交渉には応じない。

【国連】

一、米国が国連拠出金で大きな負担をしているのは不公平だ。

【イラン】

一、イランは地域の情勢を不安定化させている残忍な政権だ。

【中国】

一、南シナ海問題では法を尊重すべきだ。

【シリア】

一、(内戦が続くシリア情勢解決に向け)シリア国民の意思を尊重する政治的解決を模索している。

【ベネズエラ】

一、(反米左翼マドゥロ政権が独裁化を進める)ベネズエラの状況は受け入れ難い。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報