難民最多6530万人 15年、シリア内戦など影響

2016/6/20 14:00
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 【ジュネーブ=原克彦】国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)は20日、紛争や迫害で居住地を離れた世界の難民・避難民が2015年に6530万人になったと発表した。シリア内戦や中東・アフリカでの過激派組織の台頭で前年から580万人増え、第2次大戦後の最多を更新した。難民が向かう欧州は対応に苦慮し、英国で欧州連合(EU)離脱派が勢いづく一因にもなっている。

 国を逃れた難民の出身地はシリアが最多で、アフ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

《締切迫る》秋割実施中。日経電子版が10月末まで無料!

電子版トップ

関連キーワードで検索

国連難民高等弁務官事務所EU英国ヨーロッパ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 20日 7:01
20日 7:01
東北 20日 7:00
20日 7:00
関東 20日 7:01
20日 7:00
東京 20日 7:01
20日 7:00
信越 20日 7:01
20日 7:01
東海 20日 22:15
20日 22:00
北陸 20日 6:32
20日 6:25
関西 20日 20:31
20日 6:05
中国 20日 6:03
20日 6:02
四国 20日 12:00
20日 6:02
九州
沖縄
20日 23:00
20日 22:00

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報