/

この記事は会員限定です

米農業関連、苦しい秋 穀物が大幅安

[有料会員限定]

【シカゴ=野毛洋子、ニューヨーク=西邨紘子】トウモロコシや大豆といった米国を代表する農産品の値下がりが、米農業関連企業の重荷となっている。業績予想を引き下げたり、人員削減に動いたりする例も出始めた。食品会社の業績が苦しいため、食肉やシリアルの値下がりも見込みづらく、消費者にも恩恵が及びにくい状況だ。

穀物価格の国際指標となる米シカゴ市場の取引で、トウモロコシや大豆の先物価格が約4年ぶりの安値圏にあ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り817文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン