/

この記事は会員限定です

イラン、シリア領にミサイル 米・サウジをけん制

[有料会員限定]

【ドバイ=岐部秀光】イランは18日、中距離弾道ミサイル6発を発射し、シリア北東部デリゾール県にある「テロリストの拠点」を攻撃した。17人が死亡した7日の首都テヘランでの同時テロで犯行声明を出した過激派組織「イスラム国」(IS)への報復と位置づけている。ISが掃討された後の中東情勢をにらみ、対立するサウジアラビアや米国に力を誇示する狙いもあるもようだ。

イラン西部ケルマンシャーとクルディスタンの軍事...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1091文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン