/

東レ、韓国で新工場起工式 朴大統領が謝意

【ソウル=山田健一】東レは19日、韓国南東部の亀尾市で新工場の起工式を開いた。2021年以降に稼働させ、オムツに使う不織布などを生産する。日覚昭広社長のほか、朴槿恵(パク・クネ)大統領らが出席した。

朴大統領は、韓国に積極投資を続ける東レの経営方針に謝意を表した上で「韓日関係の未来志向的な発展につながり、(日本企業の)対韓投資が拡大することを期待する」などと述べた。東レは今回の新工場計画を含めて、韓国に3000億円以上投資している。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン