/

オズボーン氏、議員を辞職へ 前英財務相

【ロンドン=小滝麻理子】英国のキャメロン前政権下で財務相を務めたオズボーン下院議員は19日、6月8日の下院総選挙には立候補せず、議員職を辞めると発表した。オズボーン氏は将来の首相候補としても名が挙がったことがある。国民投票ではEU残留派の中心人物だったが、メイ政権で要職から外れていた。

同氏は夕刊紙「イブニング・スタンダード」の新編集長に就任することが決まっているほか、米資産運用大手ブラックロックの相談役にも就任している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン