/

この記事は会員限定です

ビル・ゲイツ財団、感染症対策を強化

「ワクチン開発、イノベーション必要」

[有料会員限定]

【ダボス(スイス東部)=小滝麻理子】米マイクロソフト創業者のビル・ゲイツ氏率いるビル&メリンダ・ゲイツ財団は18日、感染症対策の強化に乗り出すと発表した。日本やドイツなどの政府や世界的な製薬企業と連携し、今後大流行の可能性のある感染症に有効なワクチンを迅速に開発する体制を整える。ゲイツ氏に新たな取り組みの狙いを聞いた。

――18日に世界経済フォーラムの年次総会(ダボス会議)で、官民による「感染症対...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1099文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン