/

韓国原発の新設白紙に 文大統領「安全安価でない」

【ソウル=鈴木壮太郎】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は19日、釜山市郊外の古里(コリ)原子力発電所1号機の運転停止の記念式典で演説し、「原発政策を全面的に再検討する」と宣言した。新規原発の建設計画を白紙化するほか、設計寿命を超えた原発は稼働を延長しない。延長して運転中の原発は早期に閉鎖する。

文大統領は東日本大震災による東京電力福島第1原発の事故で「原発が安全でもなく、安くもなく、環境にいいわけでもないことが明白になった」と指摘。韓国で事故が起きれば、「想像もできない被害につながる可能性がある」と危険性を訴えた。

古里原発1号機は1978年に稼働を開始した韓国初の原発。稼働から40年がたち老朽化したため、19日午前0時(日本時間同)に運転を停止した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン