/

この記事は会員限定です

[FT]米MBAに留学生離れ、トランプ氏が原因と教育団体

[有料会員限定]
Financial Times

米国で海外からの出願者数が減る経営大学院が増えているのは、ドナルド・トランプ氏が米大統領になったことが原因だと、経営大学院の入学適性試験「GMAT」を世界的に実施する米非営利団体、GMACのトップが語った。

GMACによると、米国では今年、海外からの出願者が増えた経営大学院は全体の32%にとどまった。昨年の49%から低下し、大半の経営大学院で減少となった。

国内外合計の出願者数が増加した経営大学院...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1229文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン