天津の爆発現場から神経ガス検出

2015/8/19付
保存
共有
印刷
その他

【大連=原島大介】中国・天津市で起きた大規模爆発で中国中央テレビは19日までに、北京公安消防総隊幹部の話として、事故現場の空気中から毒性の強い神経ガスが検出されたと伝えた。人が吸い込むと心肺停止などを引き起こし、死に至る恐れもあるという。爆発の原因となった倉庫には3千トン以上の有害物質が保管されていたとみられ、これらの物質が神経ガスを発生させたもようだ。

報道によると、現場周辺で測定器を使ったと…

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]