国連、アレッポ市民避難で監視団 安保理が決議採択へ

2016/12/19 11:28
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ニューヨーク=高橋里奈】国連安全保障理事会は19日午前、シリア内戦でアサド政権側がほぼ制圧したアレッポから市民を安全に避難させるために国連が監視団を送る決議を採択する。18日の緊急会合ではフランスが提示した決議案に政権軍を支援するロシアが拒否権の行使をちらつかせていたが、修正案で折り合った。

米国のサマンサ・パワー国連大使は記者団に対し、非公開の緊急会合では「ロシアの大使と建設的な議論ができた…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]