2019年8月20日(火)

スコットランド独立せず 反対55%、首相「一致団結」

2014/9/19 16:36
保存
共有
印刷
その他

【ロンドン=黄田和宏】英北部スコットランドで18日実施した英国からの独立を問う住民投票で、反対票が全体の55%を占め、独立を否決した。投票結果を受けて、キャメロン首相は「全英国がより良く明るい将来に向けて一致団結するときだ。公約した権限移譲を進める」と述べた。

全32選挙区の最終集計の結果、有権者428万人のうち、84.6%が投票に参加した。反対は200万票(55.25%)、賛成は161万票(44.65%)だった。

今月上旬の世論調査では一時、賛成派が反対派を上回った。キャメロン首相などが現地入りして英国への残留を訴えたほか、多くの英国企業が独立による悪影響を指摘。結果的に反対に投票する有権者が多かった。スコットランド行政府のサモンド首相は「投票の結果を受け入れる。この段階ではスコットランドは独立を選ばなかった」と話した。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。