韓国ロッテ会長ら在宅起訴へ ソウル中央地検

2016/10/18 19:06
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ソウル=加藤宏一】背任や横領などの疑いで韓国ロッテグループを捜査しているソウル中央地検は18日、辛東彬(シン・ドンビン、重光昭夫)会長を19日に在宅起訴する方針を固めた。6月に始まった捜査は4カ月余りで終結する。公判で経営トップが有罪となれば、日本法人を含めたグループ全体の経営に影響を及ぼす可能性がある。

昭夫氏の父で創業者の辛格浩(シン・ギョクホ、重光武雄)氏、武雄氏の長男で日本のロッテホー…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]