/

ボルボ、米ウーバーと自動運転車開発 300億円投資

【フランクフルト=加藤貴行】スウェーデンの高級車大手、ボルボ・カーは18日、ライドシェア(相乗り)サービス大手の米ウーバーテクノロジーズと自動運転車を共同開発すると発表した。投資額は計3億ドル(約300億円)。両社は長期の提携としており、ウーバーは自動運転の相乗りサービス、ボルボは完全自動運転車の実用化を目指す。

ボルボが多目的スポーツ車(SUV)の「XC90」など旗艦3車種をベースとして提供し、ウーバーが独自開発したシステムを組み込む。投資額はほぼ折半の見通しで、車の周囲の状況を検知するセンサーやソフトウエアなども開発する。

ウーバーは5月にトヨタ自動車からの出資受け入れを含む戦略提携を発表した。今回のボルボとの提携では具体的に無人ライドシェアの用途開発まで踏み込んだ。

一方、ボルボは来年から本社のあるスウェーデン西部イエーテボリの公道で、自動運転車100台の実証プロジェクトを始める予定。IT(情報技術)の蓄積が豊富なウーバーと組み、自動車他社との競争に挑む。

ウーバーのトラビス・カラニック最高経営責任者(CEO)は同日の声明で、車による死亡事故を減らすための自動運転技術の重要性を説き、「ボルボは安全に関しては最上位の会社だ」と強調。ボルボのホーカン・サムエルソンCEOは「この提携により、ボルボは自動車業界における技術の革命の中心に据わることになる」と述べた。

ヒトの移動のあり方を変えつつある相乗りサービスと、自動運転技術は急接近している。米ゼネラル・モーターズ(GM)は出資先の米リフトと電気自動車を使った無人ライドシェアを検討中。米フォード・モーターも2021年にもライドシェア向けに完全自動運転車を量産開始する計画だ。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン