/

この記事は会員限定です

民主化実現、道遠く 中国、強硬姿勢崩さず

[有料会員限定]

【香港=粟井康夫】香港の選挙制度改革を巡り、最終的な決定権を握る中国の習近平指導部は強硬姿勢を崩さず、香港の民主派への譲歩を拒んだ。「一国二制度」の下で約束された香港の民主化は実現が見通せなくなった。

中国と英国は香港返還を定めた1984年の中英共同声明で、香港に外交・防衛を除く高度な自治を認める「一国二制度」を適用し、政治体制の民主化も段階的に進めることで合意した。中国は90年制定した香港基本法...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り519文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン