中国住宅、大都市で急騰 「局所バブル」の様相

2016/3/19 1:01
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【北京=大越匡洋】中国国家統計局が18日発表した2月の主要70都市の新築住宅価格動向によると、前月に比べ上昇したのは47都市と、1月より9つ増えた。多くの地方都市が売れ残った在庫の山にあえぐなか、広東省深圳や上海など一部の大都市の価格は急上昇が目立つ。借入金で膨らんだ投資資金が集中しているためで、「局所バブル」の様相を見せている。

「住宅価格は二極化が大きい」。中国人民銀行(中央銀行)の周小川総…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]