/

豪、テロ対策統括の内務省を来年発足

【シドニー=高橋香織】オーストラリアのターンブル首相は18日、高まるテロの脅威に対抗する狙いから、様々な省庁に分かれている治安対策を統括する「内務省」を創設すると発表した。来年発足し、内相にはダットン移民・国境警備相が就任する見通しだ。

内務省は治安情報局(ASIO)や連邦警察、国境警備隊などを傘下に収め、統一した戦略を立案するとともに各機関の調整を行う。ターンブル氏は記者会見で「安全を脅かす脅威は複雑に進化している」と指摘。テロやサイバー攻撃、組織犯罪などに効果的に対応する体制が必要だと訴えた。ターンブル氏は豪州で2014年9月以降、12件のテロ計画があったが、未然に防いだと説明した。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン