米、F35整備拠点の日本設置を発表 18年までに運用

2014/12/18付
保存
共有
印刷
その他

【ワシントン=芦塚智子】米国防総省は17日、最新鋭ステルス戦闘機「F35」のアジア太平洋地域の整備拠点に日本とオーストラリアを選定したと発表した。日本は北太平洋、オーストラリアは南太平洋での機体整備を担当するとしている。2018年初頭までに運用を開始する見通し。

またエンジン整備については、18年初頭までにまずオーストラリアに拠点を設置し、その3~5年後に日本にも開設する計画。開発責任者のボグダン中将は「F35導入国はサポート体制の重要な一部」と指摘。「各国の参加は、コストを抑え、世界的な整備体制を強化する上で不可欠だ」としている。

防衛省は18日、国内の整備拠点として機体は三菱重工業の小牧南工場(愛知県豊山町)、エンジンはIHIの瑞穂工場(東京都瑞穂町)で請け負うと発表した。現時点で整備が確定しているのは航空自衛隊が導入を決めた42機だが、在日米軍や韓国が導入するF35についても対象にする方向で米側と調整する。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]