Financial Times

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

[FT]EUは対トルコ関係の根本的見直しを(社説)

2017/4/18 19:07
共有
保存
印刷
その他

Financial Times

 16日のトルコ国民投票で有権者に渡された投票用紙に質問事項は印刷されておらず、ただ賛成か反対かを選ばせる書式だった。だが、エルドアン大統領にとって苦戦の末の辛勝となった投票結果は、トルコの歴史の転換点となる。新憲法により同氏は現代のスルタン(イスラム王朝の君主)となり、ほぼ縛りのない行政権を握る。エルドアン氏がトルコの政治機構を完全に従えることにも十分な可能性が生まれる。

 とはいえ、エルドアン氏が求めた圧倒的な支持は得られなかった。暫定の開票結果で賛成は51%と、辛うじて半数を超えるにとどまった。首都アンカラとイスタンブールでは反対票が過半を占め、与党・公正発展党(AKP)の牙城でも反対が上回ったところがある。紛争地帯の南東部でも、避難民となった人々の一部が投票できなかったにもかかわらず、少数民族のクルド人が改憲案を拒否した。

色あせた国民投票

 公式の押印のない投票用紙を有効と認めるという高等選挙委員会の決定が怒りを呼び、野党側は票の数え直しを要求している。政府の任命による高等選挙委員会の委員が結果を覆すことは想像しがたい。だが、非常事態宣言下で実施された国民投票は、明らかに不公平な選挙運動により色あせたものになった。メディアは抑え込まれ、反対派の主張に放送時間が割かれることはほとんどなかった。

 結果が僅差の勝利にとどまったことで、エルドアン氏が融和的な現実主義の構えを取る可能性はほとんどついえた。反政府勢力に対する粛清が終わることも、クルド人反体制派との協議が再開し、放置されたままの経済改革が始まることも、まず期待できない。

 エルドアン氏は、分断を引き起こす戦術とナショナリズムへの訴えかけが奏功したと総括するだろう。昨年のクーデター未遂事件後から続いてきた非常事態宣言を延長するとした16日の動きが、それを示唆している。エルドアン氏が新たな権限を完全に握るには、2019年までに行われる選挙で勝たなければならない。エルドアン氏は融和でなく戦いに勝算があるとみるだろう。

深まるEUのジレンマ

 トルコのパートナーである欧州諸国にとっては、ジレンマが先鋭化することになる。欧州連合(EU)はトルコ政府に対して控えめな反応を示しており、歩を進める前に国民的合意をまとめ上げるよう求めた。だが、このような内容の憲法はEU加盟の基準と相いれない。トルコのEU加盟交渉は長年、現実味の薄いフィクションだった。それが今、茶番になった。

 エルドアン氏は死刑制度の復活という威嚇を実行に移し、自ら幕引きをするかもしれない。そうなれば、もうEU加盟交渉は終わりだ。そうならない場合には、欧州側が早々に動かざるを得なくなるかもしれない。しかし、欧州側は貿易、安全保障、移民に関するトルコとの必要不可欠な取引を再構築する方法を見いださなければならない。反対票を投じた半数近いトルコ国民を見捨てることはできない。彼らは圧力や情報不足にもかかわらず反対の意思を表し、自分たちの権利の保護と民主主義の原則の擁護を欧州に頼ろうとしている。

 EUはトルコとの関税同盟の強化で経済関係を深められるかもしれない。これは取引に関する取り決めだが、やはり政治的統合に関わる措置も必要になる。トルコの司法制度は捕らわれの身であり、EU機関がトルコ政府に人権侵害に関する説明責任の履行を求める努力を続けることは必須だ。だがそれでも、かつてトルコの人々が希望を抱いた完全かつ対等な欧州内でのパートナーシップには遠く及ばない。トルコの西洋への道のりは常に険しく、数十年にわたる後退がありながらも、希望は消えていなかった。その希望も今、断たれてしまった。

 これはトルコにとって悲劇だ。エルドアン氏は、改革でも発展でもなく不和をもたらしている。これは、イスラム教徒が多数を占める国々の民主主義に対する打撃であると同時に、国民の投票によって独裁制へ向かう世界的な行進のさらなる一歩でもある。

(2017年4月18日付 英フィナンシャル・タイムズ紙 https://www.ft.com/)

(c) The Financial Times Limited 2017. All Rights Reserved. The Nikkei Inc. is solely responsible for providing this translated content and The Financial Times Limited does not accept any liability for the accuracy or quality of the translation.


人気記事をまとめてチェック

「ビジネスリーダー」の週刊メールマガジン無料配信中
「ビジネスリーダー」のツイッターアカウントを開設しました。

Financial TimesをMyニュースでまとめ読み
フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップビジネスリーダートップ

関連キーワードで検索

エルドアントルコアンカライスタンブール

【PR】

Financial Times 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

クルツ党首を前面に押し出した国民党の選挙ポスター(16日、ウィーンの国会議事堂前)=ロイター

ロイター

[FT]権力の座に近づいたオーストリア極右政党(社説) [有料会員限定]

 3月にオランダ国民は異端の極右政治家ヘルト・ウィルダース氏と一線を画し、5月にはフランスでマリーヌ・ルペン氏が敗北した。欧州の極右ポピュリズムは抑え込まれたと思いたくなるのも当然だった。しかし先月、…続き (10/17)

9月、首都ラバト近くで警備に当たるモロッコの対テロ部隊=AP

AP

[FT]モロッコ、テロ防止に欧州のイスラム指導者研修 [有料会員限定]

 モロッコが欧州全域のモスクでイスラムの教えを説くイマーム(宗教指導者)を対象に研修を行う。穏健なマーリク法学派の教えを広め、欧州に住む少数派であるイスラム教徒の過激化に先手を打つのが狙いだ。
 欧州で…続き (10/17)

記者会見の冒頭、一礼する神戸製鋼所の川崎会長兼社長(13日、東京都港区)

[FT]神鋼の不正、日本企業のイメージ低下に拍車 [有料会員限定]

 法曹界と学界の専門家によると、神戸製鋼所のデータ改ざんスキャンダルの最も不安な側面は、不正行為の規模ではない。これまでに世界で500社以上の顧客企業が影響を受け、訴訟リスクが会社の財務を破綻させる恐…続き (10/17)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

10/17 22:00更新 ビジネスリーダー 記事ランキング

今週の予定 (日付クリックでスケジュール表示)

<10/16の予定>
  • 【国内】
  • 10月のQUICK短観(8:30)
  • 10月のQUICK外為月次調査(11:00)
  • 9月の首都圏・近畿圏のマンション市場動向(不動産経済研究所、13:00)
  • 8月の鉱工業生産指数確報(経産省、13:30)
  • 3~8月期決算=東宝
  • 【海外】
  • 9月の中国消費者物価指数(CPI、10:30)
  • 9月の中国卸売物価指数(PPI、10:30)
  • 9月のインド卸売物価指数(WPI)
  • 8月のユーロ圏貿易収支(18:00)
  • 10月の米ニューヨーク連銀製造業景況指数(21:30)
  • 海外7~9月期決算=ネットフリックス
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<10/17の予定>
  • 【国内】
  • 20年物国債の入札(財務省、10:30)
  • ブリヂストンの中期経営計画説明会(15:00)
  • 【海外】
  • 豪中銀理事会の議事要旨公表(3日開催分、9:30)
  • 7~9月期のニュージーランド消費者物価指数(CPI)
  • 10月の欧州経済研究センター(ZEW)の独景気予測指数(18:00)
  • 9月の英CPI(17:30)
  • 9月の米輸出入物価指数(21:30)
  • 9月の米鉱工業生産(22:15)
  • 9月の米設備稼働率(22:15)
  • 10月の米全米住宅建設業協会(NAHB)住宅市場指数(23:00)
  • 8月の対米証券投資(18日5:00)
  • 7~9月期決算=ゴールドマン・サックス、IBM、モルガン・スタンレー、ユナイテッドヘルス・グループ、ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<10/18の予定>
  • 【国内】
  • 国の債務管理の在り方に関する懇談会(財務省、10:00)
  • 1年物国庫短期証券の入札(財務省、10:20)
  • 桜井日銀審議委員が函館市金融経済懇談会であいさつ(10:30)
  • 清田日本取引所CEOが講演(11:30)
  • 小林同友会代表幹事の記者会見(13:30)
  • 桜井日銀審議委員が記者会見(14:00)
  • 三菱自の中期経営計画説明会(15:15)
  • 9月の訪日外国人客数(日本政府観光局、16:00)
  • 【海外】
  • 8月の対米証券投資(5:00)
  • 中国共産党大会が開幕(10:00)
  • 6~8月の英失業率(17:30)
  • 9月の米住宅着工件数(21:30)
  • 米エネルギー省の石油在庫統計(週間、23:30)
  • ニューヨーク連銀のダドリー総裁とダラス連銀のカプラン総裁が討議に参加(21:00)
  • 米地区連銀経済報告(ベージュブック、19日3:00)
  • 7~9月期決算=アメリカン・エキスプレス、イーベイ
  • シンガポール、マレーシアが休場
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<10/19の予定>
  • 9月の貿易統計速報(財務省、8:50)
  • 対外・対内証券売買契約(週間、財務省、8:50)
  • 3カ月物国庫短期証券の入札(財務省、10:20)
  • 5年物国債の入札(財務省、10:30)
  • 鈴木日証協会長の記者会見(13:30)
  • 飯盛信託協会長が記者会見(14:00)
  • 三村日商会頭の記者会見(14:30)
  • 平野全銀協会長が記者会見(16:30)
  • 9月の豪雇用統計(9:30)
  • 7~9月の中国国内総生産(GDP、11:00)
  • 9月の中国工業生産高(11:00)
  • 9月の中国小売売上高(11:00)
  • 1~9月の中国固定資産投資(11:00)
  • 1~9月の中国不動産開発投資(11:00)
  • インドネシア中銀が政策金利を発表
  • 9月の英小売売上高(17:30)
  • 10月の米フィラデルフィア連銀製造業景況指数(21:30)
  • 9月の米景気先行指標総合指数(23:00)
  • 海外7~9月期決算=ベライゾン・コミュニケーションズ、トラベラーズ
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<10/20の予定>
  • 閣議
  • 8月の毎月勤労統計確報(厚労省、9:00)
  • 9月の食品スーパー売上高(日本スーパーマーケット協会など、13:00)
  • 9月の主要コンビニエンスストア売上高(日本フランチャイズチェーン協会、16:00)
  • 黒田日銀総裁が全国信用組合大会であいさつ(15:35ごろ)
  • 4~9月期決算=東京製鉄
  • 9月のマレーシア消費者物価指数(CPI)
  • インドが休場
  • 9月の米中古住宅販売件数(23:00)
  • クリーブランド連銀メスター総裁が討議に参加(21日3:00)
  • イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長が講演(21日8:30)
  • 海外7~9月期決算=ゼネラル・エレクトリック(GE)、プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

[PR]