「米国第一」大手企業が次々アピール 独バイエルも巨額開発費

2017/1/18 11:25
保存
共有
印刷
その他

【ニューヨーク=中西豊紀】トランプ次期米大統領の就任を前に、米国での投資や雇用増をアピールする企業が相次いでいる。17日には小売り最大手の米ウォルマート・ストアーズが1万人の追加雇用を発表した。独医薬・農薬大手のバイエルも米国での雇用増を表明。「米国第一」を訴えるトランプ氏に業種や国を超えて応えようとする企業の動きが広がっている。

小売り世界最大手の米ウォルマート・ストアーズは17日、2017年…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]