/

エボラ熱の3カ国、韓国での国際会議に不参加

【ソウル=共同】韓国南部、釜山市で20日から開催予定の国際電気通信連合(ITU)の会議に参加予定だったアフリカのリベリアとシエラレオネ、ギニアの3カ国が代表者の派遣を取りやめたことが18日、分かった。3カ国ではエボラ出血熱の感染者が多数出ており、釜山市が3カ国に出席の自粛を求めていた。

韓国未来創造科学省が明らかにしたと聯合ニュースが報じた。

韓国メディアによると、釜山市などは市民から不安が出ていることを受け、3カ国の代表が入国した場合は宿泊施設を1カ所に集めることを検討していた。

会議には、約190カ国から約3千人が参加する予定。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン