/

WHO、エボラ熱で出国者全員の検査要請

【ブリュッセル=御調昌邦】世界保健機関(WHO・本部ジュネーブ)は18日、西アフリカで感染が拡大しているエボラ出血熱に関連して、感染者が出ている国に対し、国際空港や国際港、主要な陸上の国境で、すべての出国者を検査(スクリーニング)するように求めた。エボラ出血熱の疑いがある原因不明の発熱などを発見することが目的。WHOはエボラ出血熱の患者が旅行することは適切な治療のための退避などを除いて認めるべきではないとしている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン