欧米市場、リスクオフ一服 原油先物にも買い

2014/10/18付
保存
共有
印刷
その他

【ニューヨーク=山下晃】動揺が続いていた欧米市場では17日、米経済指標の改善をきっかけに運用リスクが相対的に高い資産を避ける「リスクオフ」の流れがひとまず一服した。ダウ工業株30種平均が7営業日ぶりに大幅反発したほか、原油など商品市場にも運用マネーが向かった。ただ、投資家の不安心理を反映するVIX指数は節目の水準を上回り、投資家心理が依然不安定であることを示している。

「リスクオフ」の象徴は米国債相場だった。相対的に安全な運用対象とされ、リスクを回避しようとするマネーの受け皿として買いが集まっていた。10年物の米国債利回りは15日に一時1.86%と約1年5カ月ぶりの水準まで急低下(価格は急騰)していたが、17日には一時2.22%まで上昇。この間の利回り差は0.36%に達した。

ダウ工業株30種平均は4週連続で下落したが、週間の下げ幅は163ドルにとどまった。17日は欧州株にも買いが集中した。独仏の株価指数が3%前後上昇したほか、ギリシャ株は7%も上げた。株とともに売られていた原油先物にも買いが入り、ニューヨーク・マーカンタイル取引所(NYMEX)ではWTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)期近物が前日比0.05ドル高の1バレル82.75ドルで終えた。

市場参加者の不安心理が高まると上昇し「恐怖指数」とも呼ばれるVIX指数は今週、2011年12月以来となる「30超え」の場面もあった。足元では市場心理の改善を反映して低下基調だが、水準自体は節目の20を上回っている。市場心理が落ち着きを取り戻したとはいえない状態だ。

欧州や新興国景気の減速、エボラ出血熱の感染拡大への懸念など、世界経済の不透明要因も依然くすぶる。「(今週の急落で)株式は売られすぎと考えているヘッジファンドは多いが、本格的な買いを入れるには慎重だ」(米ヘッジファンドに投資する運用担当者)との見方は根強い。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]