2018年7月23日(月)

英首相、EU単一市場から離脱表明 「部分的な加盟目指さず」

2017/1/17 21:27
保存
共有
印刷
その他

 【ロンドン=欧州総局】英国のメイ首相は17日昼(日本時間同日夜)、欧州連合(EU)からの離脱に向けた基本方針について初めて演説し、EUとの関係について「部分的な加盟は目指さない」と明言した。「新しく対等なパートナーシップを求める」と述べ、EUの単一市場から完全に脱退したうえで、国家の権限回復を優先する立場を鮮明に打ち出した。

EU単一市場からの離脱を表明する英国のメイ首相=AP

 英国は昨年6月23日の国民投票で、EUからの離脱を52%対48%の僅差で決めた。

 メイ氏は離脱交渉に向けた原則として確実性や明確さを挙げ「より強く、公正でグローバルな英国を築く」と強調。中途半端ではない新たな関係をEUと再構築し、移民の制限や国境管理の強化を進めると表明した。そうした国家の権限回復の障害になる「EU単一市場へのアクセスを求めてはならない」と語った。

 メイ氏はEUからの離脱決定は「(英国民が)真のグローバルな英国を選んだ」ものだと説明。「世界から退く決定ではない」と述べ、今後も開かれた国として自由貿易を推進していくと訴えた。

 EUに対する離脱の正式な通告は「議会の採決に基づいて行う」と語り、議会に早期の承認を求める考えを示した。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報