/

習主席、保護主義的な政策をけん制 ダボス会議で初演説

(更新)

【ダボス(スイス東部)=原克彦】中国の習近平国家主席は17日、世界経済フォーラムの年次総会(ダボス会議)で演説し、世界各国が「開かれた経済を推進する必要がある」と呼びかけた。さらに「保護主義にはノーと断言すべきだ」と語った。中国からの輸入品に高い関税を課すなどと繰り返すトランプ次期米大統領の姿勢をけん制した。

中国の国家主席がダボス会議に参加するのは初めて。習氏は米大統領就任式を20日に控え、中国が自由貿易に取り組む姿勢を強調し、米次期政権に保護主義的な政策をとらせないようにする狙いがある。

習主席は中国の政策について「門戸を開き続け、閉じることはない」と強調。アジアでの自由貿易協定(FTA)締結などを強化する意向を示しつつ「細分化された排他的なグループ化を避けていきたい」と米国によるブロック経済の形成もけん制した。「人民元を切り下げることで通貨競争を起こすような策はとらない」とも明言した。

中国経済の現状については「下押し圧力を受け困難に直面している」と認めた。過剰な生産能力と金融リスクに言及し「改革を推し進め、リスクを回避していきたい」とした。改革により「バリューチェーン(生産ピラミッド)の中で上に移行したい」との意欲も見せた。

ダボス会議には世界各国の政府要人や多国籍企業の経営者らが集う。習氏は中国が途上国でありながら他の途上国の援助を手掛けてきたことや、地球温暖化の防止や高齢化社会への対応の重要性も指摘した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン