/

この記事は会員限定です

米、「裏庭」の安定狙う キューバと国交正常化交渉

[有料会員限定]

【ワシントン=吉野直也】オバマ米大統領が歴史的なキューバとの国交正常化交渉を始める背景には主に3つの理由がある。ひとつは在任中の「レガシー(政治的な遺産)」づくりだ。もうひとつは米国の裏庭といわれる中南米を結ぶ地政学的な重要性。そして最後は米国内で増加するキューバ系移民の政治的な影響力だ。1961年の国交断絶以来、ほぼ半世紀ぶりに両国が接近する。

オバマ氏がなぜこの時期にキューバとの国交正常化交渉...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り819文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン