2019年8月21日(水)

米、「裏庭」の安定狙う キューバと国交正常化交渉

2014/12/18付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ワシントン=吉野直也】オバマ米大統領が歴史的なキューバとの国交正常化交渉を始める背景には主に3つの理由がある。ひとつは在任中の「レガシー(政治的な遺産)」づくりだ。もうひとつは米国の裏庭といわれる中南米を結ぶ地政学的な重要性。そして最後は米国内で増加するキューバ系移民の政治的な影響力だ。1961年の国交断絶以来、ほぼ半世紀ぶりに両国が接近する。

オバマ氏がなぜこの時期にキューバとの国交正常化交…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。