/

この記事は会員限定です

離脱・残留ともEU試練 仏思想家ジャック・アタリ氏

[有料会員限定]

【パリ=竹内康雄】欧州連合(EU)の離脱をめぐる英国の国民投票が23日に迫った。離脱にせよ、残留にせよ、欧州に与える影響は大きい。フランスを代表する思想家、経済学者のジャック・アタリ氏に英国民投票の展望や意味を聞いた。

英の孤立か、欧州マヒか

――英国の離脱の動きをどう分析しますか。

「日本を含めた西側諸国には2つの支配的な考えがある。『一国なら良くなる。まず自国から』と『昔は良かった』だ。この2つは関連がある。EUの構...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1302文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン