/

この記事は会員限定です

中国への日本企業誘致、地方政府が熱

全体では減少傾向に

[有料会員限定]

中国の地方政府が日本企業の投資誘致活動を活発化している。日本貿易振興機構(ジェトロ)など日中間の誘致活動に携わる組織が後援・協賛した日本での投資説明会は2015年は前の年に比べ4割増えた。日中関係に改善の兆しが出ている上、中国の地方政府にとり16年からの新5カ年計画で掲げる成長目標を達成するには外資導入が不可欠なことが背景にある。ただ日本企業の中国投資は減少傾向にあり、持ち直すかは不透明だ。

主要...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り898文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン