2019年9月19日(木)

ロシア大統領「日本との関係改善続ける用意」

2014/10/18付
保存
共有
印刷
その他

【ミラノ=石川陽平】ロシアのプーチン大統領は17日、訪問先のイタリア・ミラノで記者団に、日ロ関係について「政治レベルですべての対話が止まったのは我々の意思ではない」と述べ、「日本の友人と関係を続ける用意がある」と強調した。ウクライナ危機を契機に日ロ関係を停滞させたのは日本側の「選択」であり、ロシアは日ロ関係の改善に積極的だとのシグナルを送った。

プーチン氏は「近年、我々と日本との関係は経済分野でも、平和条約に関する(関係)正常化への解決策の追求も含めた政治プロセスでも着実に発展していた」と指摘した。「ボールは日本側にある」として、日本政府にロシアとの積極的な対話の再開を促した。

日本はウクライナ危機で欧米と歩調を合わせ対ロ制裁を発動、春に予定された岸田文雄外相の訪ロも先送りしてきた。プーチン氏と安倍晋三首相は17日、アジア欧州会議(ASEM)首脳会議の会場で短時間会談し、11月に北京で開くアジア太平洋経済協力会議(APEC)で実質的な首脳会談を実施することを確認した。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。