2017年12月12日(火)

エジプト元大統領に終身刑 機密文書漏えいの罪で

2017/9/17 18:31
保存
共有
印刷
その他

 【カイロ=共同】エジプトの破棄院(最高裁)は16日、国の機密文書をカタールに漏洩した罪で、元大統領のムハンマド・モルシ被告に終身刑を言い渡した。地元紙アルアハラムなどが報じた。エジプトの法律では終身刑は禁錮25年に当たる。

 破棄院は昨年11月、禁錮計40年を言い渡した同年6月の一審判決を無効としていた。モルシ被告は2012年のデモ隊同士の衝突を巡り、殺人を扇動したとして禁錮20年の有罪が既に確定している。

 モルシ被告はイスラム組織「ムスリム同胞団」出身で、中東民主化運動「アラブの春」でムバラク政権が11年2月に崩壊した後、12年6月に大統領に就任。13年7月のクーデターで失脚した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報