/

国立西洋美術館、世界文化遺産に決定 ユネスコ委

(更新)

【イスタンブール=佐野彰洋】国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第40回世界遺産委員会は17日、東京・上野の国立西洋美術館を含む「ル・コルビュジエの建築作品」の世界文化遺産への登録を決めた。日本の世界遺産としては20件目となる。

世界文化遺産への登録が決まった国立西洋美術館(17日午後、東京・上野)

トルコのイスタンブールでの審議で決めた。世界文化遺産への登録は西洋美術館を含む7カ国17作品。他国にまたがる世界遺産は国内初になる。

フランス人建築家、ル・コルビュジエ(1887~1965年)は近代建築の巨匠。西洋美術館本館は日本国内唯一の作品で1959年に完成した。らせん状の階段や1階部分を柱だけで構成する「ピロティ」などが特徴だ。

コルビュジエは装飾を排し、機能性と合理性を融合した独自の建築理論を実践した。21世紀に至る現代建築に多大な影響を及ぼしたことが評価された。

安倍晋三首相は17日、「世界の宝となった国立西洋美術館をこれからもしっかりと守って次世代に引き継いでいく」との談話を発表した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン