/

この記事は会員限定です

世界の政府系基金、アジアに傾斜 不動産投資を拡大

[有料会員限定]

【ロンドン=黄田和宏】世界の政府系ファンド(SWF)がアジアの不動産投資を拡大している。欧米の主要都市では投資資金の流入で不動産価格が高騰しており、世界的な低金利環境の長期化を見据えて、欧米を中心とした運用から投資先を分散し始めている。米国の利上げなどをにらみ、短期の投資資金がアジアから流出する動きがある一方で、SWFなど長期資金はアジアに向かいつつある。

SWFのなかでも、不動産投資に積極的なの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り865文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン