石炭消費、欧米で急減 カナダや英で火力停止

2016/12/19 0:41
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【パリ=竹内康雄】欧米で石炭消費が急減している。国際エネルギー機関(IEA)によると、この15年で欧州と北米を合わせたシェアは世界の半分から4分の1に減った。天然ガスや再生可能エネルギーにシフトしているためだ。カナダや英国などは石炭火力発電所の停止を決め、今後も「脱石炭」の流れは強まりそうだ。企業は経営のリスクになりかねないとして対応を急いでいる。

カナダ政府は11月、2030年までに国内の石炭…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]