/

北方領土、ロシア大統領「対話の用意ある」

【モスクワ=田中孝幸】ロシアのプーチン大統領は16日、北方領土問題について「ロシアは日本と対話を行う用意がある」と述べ、歯舞、色丹両島の日本への引き渡しを明記した1956年の日ソ共同宣言に基づいて交渉を継続する考えを示した。

国民との対話番組に出演後、記者団に語った。一方で「今は日本のイニシアチブで対話は事実上、止まっている」と語り、交渉が停滞した責任はウクライナ問題を巡って対ロ制裁を発動した日本側にあるとの認識を示した。

ウクライナ南部・クリミア半島の編入後も「(日本との)平和条約(締結)と領土問題に関する日本へのアプローチは変わらない」とも言明。国内で高まる愛国主義は交渉の中身に影響しないとの考えを示唆した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン