欧州観光 異変の夏 テロで仏やトルコ回避、南欧人気

2016/8/19 0:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【パリ=竹内康雄】バカンス期真っ盛りの欧州で観光客の訪問先が変化している。観光客はテロやクーデター未遂のあったフランスやトルコなどを避け、比較的安全とされるスペインなど南欧諸国に向かう。欧州連合(EU)からの離脱を決めた英国も通貨ポンドの下落で観光ブームに沸く。観光が経済を一定程度支える欧州各国で明暗が分かれている。

フランス屈指の観光地、モンサンミシェル。海に浮かぶ小島にそびえ立つ巨大な修道院…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]