/

独西部、難民男性の公営プール利用禁止 女性から苦情

【ベルリン=共同】性的嫌がらせを受けたとの苦情が女性客や女性従業員から上がったため、ドイツ西部ボルンハイムの公営プールが、難民保護申請者の男性の利用を14日から禁止していることが明らかになった。ドイツのメディアが16日報じた。

西部ケルンでは昨年12月31日に外国人の男らが集団で女性を囲み性犯罪などに及んだ事件が起きた。容疑者に保護申請者が含まれていたことが判明し、ドイツでは難民に対する警戒感が強まっている。

報道によると、申請者とみられる男性から言葉や身ぶりで性的嫌がらせを受けたとの苦情が6件あった。禁止措置に対して難民支援団体などから批判が出ており、ボルンハイム当局は週明けにも禁止の解除を検討する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン