アジア投資銀、中国が拒否権を確保 議決権25%超

2015/6/16付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【北京=大越匡洋】中国が主導するアジアインフラ投資銀行(AIIB)の設立協定最終案の全容が16日、判明した。資本金1千億ドル(約12兆4千億円)のうち、中国の出資額は297億ドルで30%近くを占め、最大となる。中国は組織運営を決める議決権でも25%を超え、増資などの重要案件で事実上の拒否権を確保する。AIIBは中国が圧倒的に大きな影響力を持つ国際機関となる。

創設メンバーとして参加を表明している…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]