/

この記事は会員限定です

トランプ政権、閣僚人事綱渡り 労働長官指名を辞退

[有料会員限定]

【ニューヨーク=大塚節雄】米トランプ政権は閣僚人事で綱渡りが続いている。主要閣僚の議会承認で異例の「薄氷」採決が相次ぎ、労働長官候補だったパズダー氏は15日に指名を辞退した。選挙の論功行賞やオバマ前政権からの「大転換」を優先した結果、超党派の支持を得にくくなっている。

政権初となった閣僚の指名辞退は、フリン大統領補佐官(国家安全保障担当)の辞任に続く痛手だ。政権内の混乱が与党・共和党の足並みを乱...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1068文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン