オランダ下院選、勝者不在 批判票が左右に割れ

2017/3/17 1:09
共有
保存
印刷
その他

 【ハーグ=森本学】欧州で選挙が続く今年、極右の台頭が注目されたオランダ下院選(定数150)は15日、投開票され、極右・自由党は第1党に届かなかった。既存の政治にノーを突き付ける批判票が左右に割れたためで、ルッテ首相率いる連立与党も大きく後退した。1カ月余り後のフランス大統領選など、欧州の政治をポピュリズム(大衆迎合主義)が襲う恐れはなおくすぶる。

 「オランダ国民は誤ったポピュリズムに待ったをかけた」。ルッテ首相は15日深夜、「勝利」を宣言した。欧州連合(EU)離脱を決めた英国の国民投票、米国のトランプ大統領誕生に続くポピュリズムの「ドミノ倒し」を阻止するとの約束を守ったと自賛した。

 確かに、過激な「反イスラム」を掲げ、一時は世論調査でトップだった極右・自由党は議席を12から20へ伸ばし第二勢力になったが、第1党に届かなかった。しかし既存の政治を象徴する与党への支持がポピュリズムを防いだわけではない。

 第1党を維持したルッテ氏率いる自由民主党の議席は40から33に減少。連立与党を組む中道左派の労働党は35から9に議席が大きく落ち込んだ。逆風となったのが、前回選挙で公約に掲げなかったのに財政再建のため進めた年金受給年齢の引き上げなど福祉カット。「ルッテは嘘つき」。選挙戦中、オランダの街角で何度も耳にした言葉だ。

 「批判票」の極右への集中を防いだのが、多党乱立というオランダの選挙制度だ。比例代表制のオランダ下院選は各政党が獲得した投票率が議席数に反映され、小政党でも議席を獲得できる機会が大きい。第三勢力に浮上したのが中道右派のキリスト教民主勢力と中道左派リベラルのD66。ともに19議席を獲得した。

 左派の躍進も目立つ。特に若者の支持を集めたのが環境政党のグリーン・レフトだ。支持者の約35%を18~34歳の若年層が占める。30歳のクラーフェル党首は「オランダでポピュリズムは勝てなかった」と意気込んだ。

 二大政党の下での米大統領選や、EU離脱の是非を問うた英国民投票と異なり、有権者の選択の幅が広がりやすい。今回のオランダ下院選の投票率は約80%。前回12年の74.6%から上昇した。

 「極右勝利」が避けられ、欧州諸国ではひとまず安堵が広がる。

 4~5月に大統領選を控える仏のエロー外相はツイッターで「極右台頭を食い止めた」と祝福した。9月に連邦議会選があるドイツのメルケル首相は、ルッテ氏との電話協議で「友人、隣人、欧州人として協力を続けられることを楽しみにしている」と述べた。

 だが、既存政治への批判がポピュリズムを勢いづかせる流れが止まったと判断するのはまだ早そうだ。今回、オランダ下院で初めて議席を獲得した政党には新興ポピュリズム政党も。「民主主義のためのフォーラム」党首で欧州懐疑論者のボーデ氏は2議席の獲得に沸く支持者に「(支配層による)カルテル政治は今日終わった」と訴えた。

 「特段、失望していない」。仏大統領選で首位を争う極右・国民戦線のルペン党首は16日、オランダ下院選の結果を肯定的に評価してみせた。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 23日 7:01
23日 7:00
東北 23日 7:00
23日 7:00
関東 23日 7:01
23日 7:00
東京 23日 7:01
23日 7:00
信越 23日 7:00
23日 7:00
東海 24日 21:30
23日 21:30
北陸 23日 6:32
23日 6:25
関西 23日 6:32
23日 6:25
中国 23日 7:01
23日 7:01
四国 23日 7:02
23日 7:01
九州
沖縄
6:00
24日 6:00

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報