/

この記事は会員限定です

エボラ流行地域で食糧支援9倍に拡大 国際機関

[有料会員限定]

国連の世界食糧計画(WFP)がエボラ出血熱の流行する地域に向けて緊急の支援に乗り出す。西アフリカのギニア、リベリア、シエラレオネの3カ国で食糧支援の対象を当初の約9倍の130万人に拡大する。アーサリン・カズン事務局長が明らかにした。

カズン氏は都内での取材に「7000万ドル(約75億円)の資金が必要だ」と述べ国際社会に支援を求めた。支援の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り172文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン