ロシア、深まる孤立 プーチン大統領はG20「早退」
ウクライナ問題で矢面

2014/11/17付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ブリスベン=大越匡洋】オーストラリアのブリスベンで16日閉幕した20カ国・地域(G20)首脳会議では、ロシアの孤立感が深まった。米欧からウクライナ問題で批判の嵐にさらされ、ロシアのプーチン大統領は予定を切り上げて帰国した。一方、制裁措置に伴う経済への打撃への懸念などからG20内のロシアへの対応は定まらず、問題解決の道筋は見えない。

G20首脳会議の公式日程がまだ終わっていない16日午後2時前、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]