2019年2月18日(月)

北朝鮮ミサイル失敗 米中外交トップが電話協議

2017/4/16 18:49
保存
共有
印刷
その他

【北京=永井央紀】中国国営新華社によると、中国の外交担当トップである楊潔篪国務委員(副首相級)は16日、ティラーソン米国務長官と電話で北朝鮮情勢について協議した。電話協議は米側が申し入れたとしている。北朝鮮が同日朝、国際社会の反対を無視してミサイル発射に踏み切ったことを受けて、米国が北朝鮮への一段の圧力強化を中国に求めた可能性がある。

中国外務省や国防省は日本時間同日深夜時点で、ミサイル発射について公式な反応を示していない。中国は北朝鮮に核実験やミサイル発射を自制するよう繰り返し求めてきた一方、米軍による朝鮮半島近海への空母派遣にも反発している。朝鮮半島の緊張を高める挑発行為にいら立ちを強めているとみられる。

新華社など中国の各メディアは16日午前、北朝鮮によるミサイル発射失敗について韓国メディアの報道を引用する形で一斉に速報した。中国国内での関心の高さを反映しているもようだ。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報